アドセンスの審査に合格する7つのポイント!【記事の書き方】

アドセンス 審査 合格

 

アドセンスブログを運営するうえで、絶対に越えなければいけない壁…

それが「アドセンスの審査合格」です!

 

「アドセンスの審査は厳しい…」「また落ちたぜ…」なんて話をよく耳にしますが、ポイントを押さえておけばそれほど難しくないのも事実なんですよね。

 

私がコンサルをしている方で64歳のおばちゃまがいるんですけど…

この方、パソコンはもちろんスマホも初心者という状態でブログを始めて1か月で、アドセンス審査に1発で合格しました!

 

今回はそんな「アドセンスの審査に合格するための記事の書き方」について、押さえておくべきポイントをまとめました。

アドセンスの禁止コンテンツに注意する

アドセンスの審査を通過するうえで、一番気をつけなくちゃいけない基本が「禁止事項に触れない」ということ。

 

アドセンスは記事の内容についてガイドラインが設けられていて、書いちゃいけない内容などもきちんと示されています。

 

アドセンスの禁止コンテンツ
  •  アダルトコンテンツ
  •  成人向けのテーマ(暴力・下品な行動・子供や子供に人気のあるキャラクターの悪質な描写など)
  •  危険または抽象的なコンテンツ
  •  危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  •  アルコールのオンライン販売、無責任な飲酒の症例
  •  タバコの宣伝やギャンブル、報酬プログラムを提供するサイトに関するコンテンツ
  •  処方薬やオンライン薬局へ誘導するコンテンツ
  •  ハッキング等に関するコンテンツ
  •  血液などの生々しいコンテンツ暴力行為などの衝撃的なコンテンツ
  •  武器及び兵器に関するコンテンツ
  •  不正行為を助長するコンテンツ
  •  その他の違法なコンテンツ

 

ざっくり上げてもかなりの禁止事項があるのですが・・・

 

身近な話題で気を付けたいのが「お酒」「たばこ」「ギャンブル」ですね。

お酒やたばこを助長するような内容は健康に悪影響だし、ギャンブルなども教育上よろしくない…と。

 

特にお酒はちょっと厄介で・・

『父の日にお酒好きのお父さんに、このビールめちゃウマなのでおすすめですよー!』

なんて内容でも「アルコールのオンライン販売」の禁止事項に触れちゃいます。

 

これだけあると何を書いて何がダメがわからなくなりますけど…

基本的には「自分の子供にも自信をもって見せられるサイトかどうか」という視点で記事を書いていくことが、アドセンスの禁止事項に触れないポイントになります。

 

記事を書く前に、一度「アドセンスの禁止コンテンツ」のページに目を通して内容を確認しておきましょう!

運営者情報とプライバシーポリシーを記載する

Googleアドセンスをやるうえで必要なのが「運営者情報」と「プライバシーポリシー」です。

運営者情報は、その名の通り「運営者の情報」ですね。

 

このブログを書いている人はこんな人です!…という情報を記載するページになるのですが、ここに・・・

 

  •  ブログ運営者の名前(ハンドルネームでOK)
  •  連絡先(メールアドレス)
  •  プライバシーポリシー

 

この3つを記載します。

 

ブログ運営者の名前と連絡先は、ブログ上のハンドルネームとメールアドレスで大丈夫です。

また、プライバシーポリシーとはアドセンスをやるうえでの必須コンテンツとなっているので、こちらも一緒に記載しておきます。

 

プライバシーポリシーとは「個人情報保護に関する考え方」をまとめたものなのですが…

Googleではユーザーに合った広告を表示するために、ユーザーがどんなサイトを閲覧したのか…という情報を集めています。

この閲覧情報も立派な個人情報なので、プライバシーポリシーをきちんと表示する必要があるんですね。

 

プライバシーポリシーは運営者情報と合わせて、このように表示します。

 

<運営者情報>
〇〇〇〇〇
▲▲▲▲@gmail.com

プライバシーポリシー

1. 情報の取得

当サイトでは、Google を含む第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。Google 広告 Cookie を使用することにより、Google やGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。ユーザーは広告のオプトアウトページで Google 広告 Cookie を使用しないよう設定ができます。 http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
当サイトでは、次の二つの方法でユーザーの情報を取得しています。

○登録(Registrations)
 当サイトでは、一部のコンテンツについてユーザー名やメールアドレスなどをご登録いただく場合があります。これらの情報は、サービスご利用時にご利用者の確認・照会のために使用されます。

○クッキー(Cookies)
 当サイトでは、一部のコンテンツについて情報の収集にクッキーを使用しています。クッキー は、ユーザーがサイトを訪れた際にそのユーザーのコンピュータ内に記録されます。ただし、 記録される情報には、ユーザー名やメールアドレスなど個人を特定するものは一切含まれません。

また、当サイトでは、ユーザーの方々がどのようなサービスに興味をお持ちなのかを分析したり、 ウェブ上での効果的な広告の配信のためにこれらを利用させていただく場合があります。もしこうしたクッキーを利用した情報収集に抵抗がありましたら、ご使用のブラウザでクッキーの受け入れ拒否に設定をすることも可能です。ただし、その際はコンテンツによってはサービスが正しく機能しない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

2. 情報の利用

一部のコンテンツでご登録いただいた情報は、当サイトでのより魅力的で価値のあるサービス の開発・提供のために利用されます。当情報サイトでは、ユーザー本人の許可なく第三者に個人情報を開示いたしません。また、法律の適用を受ける場合や法的強制力のある請求以外には、いかなる個人情報も開示いたしません。

3. 情報の共有

ユーザーご自身が登録した本人を同一の個人と確認できる情報は、当サイトのほかの個人向けサービスをご利用になる際に、以前に氏名等をご記入されたことがあることをお知らせするために、 当サイトとそのネットワークの中で共有される場合があります。もちろん、これらの個人情報を当サイトのパートナーとして承認されていない個人・団体などに意図的に開示することは決してありません

4. 個人情報の書き込みにおける注意事項
当ブログでは、ユーザー様によって登録された個人情報の保護に細心の注意を払っています。ただし、コメント欄など第三者が閲覧可能なサービス上に、ユーザー本人様が自発的に個人情報を記載された場合、意図しない利用がなされる可能性があることに十分ご留意ください。
このように、当ブログが用意した個人情報の登録箇所以外の場所において、登録された情報に関しましては、個人情報の保護の対象外となり、ユーザー様ご自身の責任となりますので、あらかじめご了承ください。

詳しくは、Adsense 広告の「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。

http://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/

 

文章はこのような感じです。

ここは大きく書き換えなくても大丈夫ですので、コピペして多少内容をいじって記載という形で構いません。

 

運営者情報に関しては、ワードプレスの「固定ページ」を利用して作成します。

また、作成した運営者情報は、サイドバーの株やフッターなど、アクセス可能な場所に設置しておきます。

アドセンスの審査通過の為の記事の書き方

以前は日記のような記事でも審査が通っていたアドセンスですが、2016年あたりから審査が厳しくなってきました。

ここ最近は、ただの雑記的な内容じゃ審査に落ちる事が多い傾向にあります。

 

アドセンス合格例の中には「いや、日記的な記事でも通ったよ!」なんて声もあるにはありますが…

それでもやっぱりベストを尽くしたい!一発で合格したい!!

 

・・・という事で、コンサル生さんたちやブログ仲間のアドセンス通過の傾向を観つつ「こうした方が通りやすいのでは?」という私なりのポイントをご紹介します。

 

  •  文字数は最低でも1500文字程度は書く
  •  それを最低15記事は用意する
  •  テーマは極力同じものを選ぶ
  •  毎日1記事ずつ投稿していく
  •  冒頭に写真などを入れてもかまわない(著作権に引っかからないもの)

審査用の記事の文字数は1500文字は欲しい!

文字数に関しては、最低でも1500文字程度はあった方が通りやすいと感じています。

1500文字って多い!・・・と感じるかもですが、「冒頭の文章」「本文」「まとめの文章」と書いていくと、意外と1500文字はいけちゃいます。

 

最近のGoogleの上位表示の傾向として「文字数が多い記事」というのが「いろいろな情報が詰まった有益な記事」と判断されている感じなんですよね。

 

今後のブログ運営でも文字数と言うのは必要になってきますので、練習のつもりで最低でも1500文字は書いておきたいところです。

毎日1記事ずつ 最低15日間は毎日投稿する

また、「毎日きちんと更新しているか?」という部分も審査の基準になっていると言われています。

1日にまとめて10記事投稿するよりも、日付をずらして毎日投稿したほうが「きちんとブログを更新する意欲があるな!」と判断されるんですね。

 

そうして10日に渡って10記事を投稿した段階で審査に出し、その後も「更新してますよー!」とアピールするために、残りの5記事も1記事ずつ投稿していきます。

 

15日が過ぎた後も、できるだけ「更新してまっせ!」感を出した方が通りやすいようです。

(更新をぱったり止めたら落ちた・・・というケースがありました)

テーマは極力同じものを選ぶ

記事を書いていくと、テーマがいろいろな「カテゴリ」に分けられると思いますが…

私のコンサル生さんとブログ仲間の間では、このカテゴリは2~3種類ほどで、それぞれ3~5記事ほどはあった方が通りやすい傾向にあります。

 

毎日の家事や暮らしのあれこれについてのブログなら…

  • 掃除のこと:3記事
  • 料理レシピ:4記事
  • 子育ての悩み:3記事

 

このように、3つほどのカテゴリ内に均等に記事を増やしていく・・・と言う感じです。

 

逆に、1つのカテゴリで10記事書いて通った方もいましたが、同じテーマで10記事書くのってネタ切れになりやすいんですよね。

そこで「いろいろなテーマ」で記事を書きたくなりますが・・・

  • 掃除の事:1記事
  • 料理の事:1記事
  • 洗濯の事:1記事
  • 子育ての事:1記事
  • 車の事:1記事
  • おすすめ雑貨:1記事
  • ・・・
  • ・・・

 

このように、いろんなテーマで1記事ずつ書いた場合は、10記事程度では不合格で、30記事ほどかけて審査に通過したという傾向が多かったです。

 

最初のうちは、それほどカテゴリを広げず、テーマを絞って投稿した方が少ない記事数で合格しやすい傾向だと感じてます。

写真などを入れても構わない(著作権に引っかからないもの)

また、よく言われているのが「審査段階の記事には写真などは入れない方がいい」という情報なんですけど・・

 

個人情報がわかるような他人の顔が写り込んでいない写真や、著作権に引っかからない写真なら、掲載していても問題はないと感じています。

 

文字だけのブログよりも写真が入っていた方が見やすい…という観点から、写真を数点入れていましたが、それでも審査には合格しています。

 

ただ、ディズニーやキャラクター系は著作権がうるさいですし、どこかに遊びに行った「お出かけ情報」などでは、モザイクの処置などが必要です。

 

その辺りが徹底されていないと禁止コンテンツに抵触する恐れがあるので、いっその事載せない方が無難かと思います。

アドセンスの審査に合格する7つのポイント!【記事の書き方】のまとめ

今回のお話をまとめると・・・

 

  •  アドセンスの禁止コンテンツに注意する
  •  運営者情報とプライバシーポリシーを作成する
  •  文字数は最低でも1500文字程度は書く
  •  それを最低15記事は用意する
  •  テーマは極力同じものを選ぶ
  •  毎日1記事ずつ投稿していく
  •  冒頭に写真などを入れてもかまわない(著作権に引っかからないもの)

 

こんな感じです。

目標は「10記事」で審査に出して、その後も毎日更新していく・・・という感じですね。

 

それでは審査合格に向け、頑張っていきましょうー!!

 

コメントは受け付けていません。