エックスサーバーをレンタルする方法をわかりやすく解説するよ!

 

アドセンスブログやアフィリエイトサイトを運営していく場合、ネットに公開する「URL」と言うのが必要ですよね。

 

例えばこのブログのURLは「https://mutta-freelife.com」なのですが…

こちらはネットの世界に沢山あるブログの所在を表す「住所」のようなものになります。

 

このURLの事をドメインと言うのですが、このドメインをインターネット上に公開する時には「サーバー」と呼ばれる「土地」のような物が必要です。

 

ドメインを運用するための土地…サーバーがあって初めてブログが公開され、誰かの目に留まる事になるわけです。

このサーバーをレンタルできる会社はいくつかありますが、オススメなのが「エックスサーバー 」です。

 

エックスサーバーはサイトの表示速度も速く、安定して繋がりやすいという特徴がありますし、サポート対応や利用者の数も圧倒的に多いサーバー会社。

 

わからない事があった時に、サイトで検索すると解決方法なども見つけやすいので、初心者の方にも使いやすいサーバー会社なんです。

 

レンタル会社によっては、もっと料金の安い会社もありますが、ブログ運営をしていく上で「サーバーの安定性」と言うのはとっても大事!

サーバーが重たくて、サイトの表示に時間がかかると、せっかく来た読者さんが離脱する…というデメリットもあります。

長期的に資産化するブログ運用をしていくうえで、サーバーはとっても大事なので、安心して運営できるレンタル会社さんでの契約が大切なんですね。

エックスサーバーの契約方法

まずは「エックスサーバー」のサイトにアクセスします。

エックスサーバー

 

すると、トップ画面に「サーバー無料お試し」のような「お申し込みはこちら」と書かれた部分があるのでクリックします。

1.新規申し込みをクリック

 

その後、「エックスサーバー会員IDを持っていない」ので「新規お申込み」をクリックします。

 

2.サーバーIDとプランの申し込み

続いてはサーバーIDとプランの申し込みになりますが・・・

 

こちらのサーバーIDは自由に設定することができます。

コレがブログのURLになるという訳ではありませんので、自分の好きなIDを設定してOKです。

※ほかに使っている人がいる場合は取得できません。

 

ここで入力したIDでURLが1つ割り当てられ、それが…

「http://〇〇〇〇〇.xsrv.jp」というURLになり、この〇〇〇〇〇の部分がアカウントとなります。

 

プランについては月額料金が一番安いスタンダードな「X10」というプランで十分です。

3.会員情報の入力

続いては会員情報の入力です。

  • メールアドレス
  • 登録区分:個人
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールの配信:希望する(任意)

これらをすべて入力し、最後に「利用規約」と「個人情報の取り扱い」について確認し、チェックを入れて「お申込内容の確認」をクリックします。

 

入力した内容に間違いがなければ、「お申込みをする」をクリック。

 

 

するとお申し込み完了になります。

登録したメールアドレス宛に、Xサーバーから契約完了のメールが届きますので、それを大事に保管しておいてください。

 

 

お疲れさまでした!これでXサーバーの契約は終了です。

ですが、現時点では「10日間の無料プラン」の申し込みだけで、月々の料金の支払い方法の選択を済ませていない状態ですので、10日以内に支払いを済ませる必要があります。

 

 

4.支払方法の選択をする

料金の支払いは、Xサーバーのサイトの「インフォパネル」からできます。

インフォパネルログイン画面

 

こちらからログインして、左サイドバーの「料金のお支払/請求書発行」から支払方法を設定します。

 

 

「料金のお支払い」という画面になっていることを確認したら・・・

 

  • 料金を支払うサーバーにチェック
  • 更新情報を選択(3か月・6か月12か月・・・)※最初は12か月が無難です
  • お支払方法を選択する

 

その後、支払い方法の選択をする画面が表示されます。

 

支払方法は・・・

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストア
  • ペイジー

などの支払い方法から選択できますので、お好みの方法で支払うと、レンタルサーバーの契約は完了となります。

 

お疲れさまでした!

続いては、取得した「独自ドメイン」と今回契約した「サーバー」を紐付けする作業が必要になります。

ムームードメイン エックスサーバー 紐付け
エックスサーバーとムームードメインを紐付けする方法を解説【図解】
独自ドメインを取得し、サーバーをレンタルした後は「ドメインとサーバーの紐付け」という作業が必要になります。 独自ドメインは「〇〇〇.com」というよう
2019-03-16 14:57

コメントは受け付けていません。