キーワードプランナーを無料で使う 登録方法を簡単解説!

キーワードプランナー 無料 使い方

キーワードプランナーとは?

アドセンスや楽天アフィリエイト、ASPの商品紹介記事を作成する時に、なによりも大切なのがキーワード。

どんなにいい記事を書いても、どんなにいい商品を紹介しても、キーワードが悪いと、Googleの検索画面に上位表示されません。

 

例えばこんなキーワード。

  • そもそもの検索数が少ないキーワード(マニアックなキーワード)
  • 季節外れのミドルキーワード

 

ミドルキーワードとはある一定の季節や時期に検索されるキーワードです。

入学式やクリスマス。熱中症やインフルエンザなどですね。

 

 

真夏にクリスマス記事を書いたって、それが読まれるのは冬ですし

「おすぎ ピーコ 見分け方」

なんて検索ワードで検索する人も、そうそういないですよね。

(個人的には気になりますが。笑)

 

と、

こんなキーワードで記事を書いても、アクセスが全然来ないわけです。

 

どのキーワードがどれくらい検索されているのかを知る事。

これは、記事を書くうえで「アクセスが呼べる記事かどうか」のひとつの目安になります。

 

キーワードプランナーは、そんな・・・

  • あるキーワードが検索されたおおよその回数
  • そのキーワードのライバルの数や強さ

こんな事がわかる、頼もしいツールです。

キーワードプランナーを無料で使う為の登録方法

キーワードプランナーは本来、「Google Adwords(グーグルアドワーズ)」という広告主用のサービスの中のツール。

※2018年7月から、名称が「Google広告」に変更になりました。

 

googleの検索結果やGoogleと提携しているWEBサイトなどに自社広告を出したい人が利用しますが、広告を出さない、私たちのような「ブログ記事で稼ぎたい人」も利用することができます。

Googleアドワーズへ登録する

1.キーワードプランナーのログイン画面へ

まずはここから、キーワードプランナーのログイン画面へアクセスします。

https://adwords.google.com/KeywordPlanner

 

こんな画面が出てきますので、①で「ログイン」をするか・・・

 

②の「キーワードプランナーに移動」をクリックします。

 

2.ひとまず広告を設定する

すると、こんな画面が出ます。

広告主向けのツールなので、広告を設定する画面になります。

実際に広告を出すわけではないのですが、ここでひとまず仮の広告を設定しなければいけません。

 

 

① ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす をクリック

② 目標を選択 をクリック

3.ビジネスの説明を入力

すると、「ビジネスの説明」という画面になるので・・・

 

① ビジネス名:個人ブログ

② URL:ブログのURL

③ 「次へ」をクリック

 

それぞれ入力して、次へに進みます。

4.エリアを設定

続いては「ターゲットとするユーザーの所在地」の選択画面になります。

ここでは、デフォルトで「特定のエリアを指定」になっていますので・・・

 

 

そのままいじらずに、地図上で日本が選択されている状態のまま「次へ」をクリックします。

(広告を出すわけではないので、ここは適当でもOKです。)

 

こんな画面がでてくるので、一番下の「WEBサイトでの操作」の欄を開き「目標を選択」をクリックします。

5.商品やサービスを指定する

すると、宣伝する商品やサービスが表示されます。

ここは、登録したブログのキーワードによって、表示される商品が違ってきます。

 

今回の例で使用したブログは「借金系」の特化ブログなので、こんな感じにでました。

 


気にせず、適当にチェックを入れて「次へ」進みます。

するとさらに、広告の見出しや広告文を記入する画面が。

 


ここでも適当に「借金返済」とそれぞれ入力し、「次へ」。

すると「画像の追加」画面が表示されますが、ここはスルーして「次へ」をクリックします。

6.予算の設定をゼロにする

すると、広告費を設定する画面が出てきます。

 


ここで予算を設定しないと次に進めないのですが、設定したからといってお金がかかる事はありません。

 

とりあえず、青い〇を一番左に移動させ、予算を最低限に設定し、「次へ」をクリック。

 

すると、こんな感じで今まで設定した予算の確認が出てくるので、さらに「次へ」。

 

7.料金の支払い画面になるけど大丈夫!

今度は「お支払い情報の確認」画面になります。

『え!?マジで大丈夫?本当にお金かかんない!?』

なんて思っちゃいますが、大丈夫です。

 

私も最初はドキドキしましたが、一度も請求はきてません。

ここは、こんな感じでそれぞれ入力。

 

 

  • 請求先住所の国:日本
  • お客様情報 アカウントの種類:個人

 

続いて名前と住所、電話番号を入力します。

 


ここからが大切です!

お支払いのタイプは「手動支払い」にします。

 


自動だと、クレジットカード情報の入力しかできないのですが、手動にすることで・・・

 

  • 振込み
  • コンビニエンスストアまたはPAY EASY

が選べるようになります。

 

その後、利用規約に同意にチェックを入れて、次に進みます。

このような画面がでたら、ひとまず完了です。

 

 

コンビニ払いを確認する画面が出ますが、実際には支払わないので気にしないで大丈夫です。

このまま「キャンペーンを確認」からダッシュボードに移動します。

 

8.作成した広告を無効にする

ダッシュボードに移動したら、まずは先ほどとりあえず設定した広告を無効にします。

 


「この広告を無効にしてもよろしいですか?」と聞かれるので「無効」をクリック。

 

 

すると、アンケート画面がでてきます。

 

 

  • 無効にする理由
  • 「本サービスのご利用経験について伺うため、Google の調査担当者からご連絡させていただいてもよろしいですか。」

的なチェックがでるので、それぞれ「該当なし」と「いいえ」をチェックです。

 

ここまで来たらあと少し!

次は、こちらからキーワードプランナーへアクセスします。

GO!https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner

ここから「キーワードプランナーに移動」をクリックしたら完了です!

 

 

おつかれさまでしたー!

これでキーワードプランナーを使えるようになりました。

 

コメントは受け付けていません。